top of page

薬に頼らない頭痛の原因と和らげる方法は?

更新日:3月18日




本記事をお読みの方は、片頭痛(または偏頭痛)に関するお悩みを抱え、原因を探しているかと思います。


多くの方が悩む頭痛は、とても深刻な問題になりつつあります。その影響は日常生活にも及び、仕事中に頭が痛くなる事があるなど、定期的に頭痛を感じる人は日本全体で約8.5%ともなり、女性に至っては約13%が病状の経験があると言われます。


そのため片頭痛・偏頭痛は、現代病のひとつとも言われており決して珍しい病気ではありません。


ここでは、そんな片頭痛(偏頭痛)についてより詳しく説明します。また頭痛を和らげる方法や予防方法などをご説明いたしますのでぜひ参考にしてみてください。


これらの方法は専門的なアドバイスではありませんが、日常生活で実践できる参考情報として役立つことでしょう。


1. 片頭痛(偏頭痛)の原因と予防の関連性


 片頭痛(偏頭痛)の発作は、脳の血管が拡張することで神経(主に三叉神経)の圧迫により引き起こされると言われています。その脳の血管拡張が起こる原因はさまざまです。


よく挙げられる誘因は、ストレス、睡眠不足、食事、環境要因などです。また女性は月経により片頭痛(偏頭痛)が引き起こされることも確認されています。そのため女性ホルモンが重要な働きをしているともされています。


これら複数の誘因より、まずはご自身の生活スタイルとひとつひとつ比べ、根本原因を探していくのが予防に向けた第一歩とされています。


ストレスが原因の場合は、リラックスする時間を持つことが重要です。ストレス解消法としては、深呼吸や瞑想、ヨガなどが挙げられます。また睡眠不足には注意し、規則正しい睡眠を心がけましょう。


多くの方は、十分な休息をとることで、片頭痛(偏頭痛)の発作を減らすことができるとされています。また、食事に関しては、トリガーとなる食品や飲み物を避けることが有効です。例えば、チーズやチョコレート、アルコール、カフェインなどが片頭痛(偏頭痛)の誘因になることがあります。


これはチラミンという成分が作用しているといわれています。チラミンには血管を収縮させる効果があり、収縮された血管が元に戻るときに頭痛が起こるとされています。


適切な栄養バランスを保ち、食品の摂取に注意することで、片頭痛(偏頭痛)の発作を予防できる場合がございますので参考にしてみてください。


2. 生活習慣の改善


 片頭痛(偏頭痛)の予防には、健康的な生活習慣の改善が欠かせません。バランスの取れた食事を心がけ、十分な水分を摂取しましょう。


定期的な運動もストレスを軽減し、片頭痛(偏頭痛)の発作を減少させる助けになります。適度な運動は、血液の循環を促進し、ストレスホルモンの分泌を抑制する効果があります。また、運動によって体重をコントロールすることで、片頭痛(偏頭痛)の発作を軽減することができます。


運動は軽いウォーキングやストレッチから始め、徐々に負荷を増やしていくと良いでしょう。さらに、十分な睡眠を確保することも重要です。


加えて良質な睡眠を得るために、就寝前にリラックスすることや、寝室の環境を整えることも大切です。室内を暗く静かに保ち、快適な寝具を用意することで快眠を促進することができます。アロマなどを使い香りでリラックスするなども有効的といえるでしょう。


基本的ではありますが、ストレスを溜めない・バランスの取れた食生活を送る・適度な運動・睡眠の時間と質、これらを意識すると良いでしょう。


3. トリガーの特定と管理


 上記のような生活をふりかえり自分自身の片頭痛(偏頭痛)のトリガーを特定し、それらを管理することも重要です。


例えば、特定の食品や香り、明るい光などがトリガーになる場合はそれらを避けるように心がけましょう。上記でも取り上げましたが、食品の中にはチーズやチョコレート、アルコール、人工甘味料などが片頭痛(偏頭痛)のトリガーになることもあります。


その場合は、自分の体に合った食品を選び、摂取を避けることで、片頭痛(偏頭痛)の発作を予防することができると言われています。


また、就寝前のルーティンに、ストレッチや瞑想・アロマなどを取り入れ、いわゆる”眠活”を行うのも良いでしょう。意識的に緊張した状態を減らし、ストレスを緩和できるよう習慣化するのもポイントのひとつです。


4. 医療的アプローチの検討


 我慢ができない痛みなどは医療的なアプローチも考慮しましょう。


サプリメントの使用だけに留まらず、お薬による治療やカウンセリングなど、専門家の助言を得ることは非常に有効的なアプローチです。医師とも相談し、症状や体質に合わせて適切な治療を行うのも大切です。


ちなみに、片頭痛(偏頭痛)の予防に役立つサプリメントとして、ビタミンB2やマグネシウムなどが挙げられます。頭痛による発作の軽減効果が見込めますが、過剰な摂取は健康に悪影響を及ぼすことがあるため適切な量を守ることが重要です。


まとめ


現代では、約10人に一人が頭痛に悩んでいるとされています。生活習慣や、仕事環境などの変化により、発症することが多い病気と言えるでしょう。


誘因もさまざまで、ストレス・食生活・睡眠生活・適度な運動などで解消されると言われています。改善やトリガーの管理、医療的アプローチなどさまざまな方法があるとされており、これらの方法を組み合わせることで、発作を軽減し、日常生活の質を向上させることができるでしょう。


そのため個々の症状や体質に合わせて原因を調べ、正しいアプローチを選ぶことが重要となります。


もし症状にご不安がある場合は、専門医にご相談をしてみてください。


またボランティアネットではそんな片頭痛に参加いただける治験ボランティアの方を募集しております。治験に参加することで普段の診断に比べ、より詳しく疾患と健康状態について知る事ができるとともに、最新の病気の知識を得る事ができます。


ご不安・ご不明点などがあればお問合せフォームよりご連絡ください。また治験へ参加ご希望の方は以下より検診予約をしてみてください。





閲覧数:62回0件のコメント

Comments


bottom of page