top of page

治験の安全性について知ろう!参加前に知っておきたい3つのポイント!

更新日:2023年7月14日


 治験や臨床試験は、新しい薬剤の開発や医療技術の進歩に欠かせない重要な役割を果たしています。


しかし、治験に参加するには、それに伴う健康上のリスクや責任があります。ですので参加前に十分に安全性について理解することが重要です。


本記事では、そんな治験の安全性について知り、参加前に押さえておきたいと言われている3つのポイントを紹介します。


1.治験は厳格な規制のもとで実施されている


 そもそも治験は国の厳格な規制のもとで実施さます。治験は、まず動物実験が行われ、その後、人間の健康に影響を与える可能性があると判断された場合に、人間の治験が行われます。


治験に参加する人は必ず医師の診察を受け、健康状態に問題がないことが確認された上で参加することが求められます。また、治験中に健康に問題が生じた場合には、すぐに医師の診察を受けることができます。


また、治験の途中で辞退することも可能で、被験者の方の健康状態が最も優先されるのです。


2.治験にはリスクがある


治験に参加することで、新しい治療法の恩恵を受けることができる一方で、副作用や重大なリスクがあることも考慮しなければなりません。治験によるリスクや副作用には、薬剤によって異なりますが、以下のようなものがあります。


・治験に参加することによる精神的な負担やストレス

・投薬による副作用やアレルギー反応

・治療効果が期待できない場合の時間や費用の浪費


これらのリスクは、治験の段階や薬剤の種類によって異なります。


治験参加前には、参加者の権利と責任を明確にした同意書を読み、治験によるリスクについて十分に理解する必要があります。治験コーディネーターと共に内容やリスクを正しく理解した上で自己判断によって参加するかどうかを決めることが大切です。


3.治験に参加することで得られるメリットもある


 治験に参加することで得られるメリットもあります。治験は新薬開発の最終工程となっており、新しい治療法や薬剤が開発されることによって将来的に他の患者さんの治療に役立つことが期待されます。


他にも治験に参加することで、医療や健康に関する知識を深めることができるというメリットもあります。


また投与されているお薬よりも効果が高い場合もあるため、患者さんへ良い影響を与える化可能性もあります。まだまだ開発途中のお薬のため一概には言えませんが、人にいよっては自分に適した効果がでる場合もあるのです。


そして何より専任のコーディネーターがしっかりサポートしてくれるのはありがたいですね。


4.まとめ


 治験にはリスクが伴う場合がありますが、参加前に治験の安全性について理解することが重要です。


治験は厳格な規制のもとで実施されておりリスクについても事前に説明されます。治験に参加することで、まだ治療法が確立されていない疾患の治療に貢献することができるだけでなく、新しい治療法や薬剤が開発されることによって将来的に他の患者さんの治療に役立つことが期待されます。


このように医療の発展には欠かせない工程なのです。


また、治験に参加することで、医療や健康に関する知識を深めることもできます。場合によってはご自身の疾患が改善に向かうなど良い結果をもたらす可能性もございます。今のお薬が合わない方もいらっしゃいますので、まずはお気軽にご相談いただければと思います。


お問い合わせフォームもご用意しております。




閲覧数:22回0件のコメント

Kommentare


bottom of page