top of page

高齢者の治験参加を推進!臨床試験に参加する5メリットとは?

更新日:2023年7月14日



高齢者の方々にとって、病気や体調の不良は日常的な課題となります。


医学の進歩によって新しい治療法が生み出され、その新しい治療法を開発するため日々、臨床試験が行われています。とくに高齢者の方は体調不良と闘うことも多く新しいお薬や治療法を待ち望まれる方も多いのではないでしょうか。


そのため、年配者やシニアの方にとっても治験への参加は非常に重要になってきます。


しかし、中には治験に参加することに対して不安を感じることがあるかもしれません。本記事では、そんなシニアの方が治験に参加することによって得ることができると言われている5つのメリットについてまとめましたので、ご紹介します。


1.専門家の診療を受けることができる


治験には、専門の医師や看護師が参加している場合が多いです。


そのため治験に参加することで専門家の診療を受けることができます。また、治験に参加することで最新の医療技術や治療法についても学ぶことができます。そんな専門家からの適切なアドバイスを受けることで、自分自身の病気や症状・健康管理についても学ぶことができます。


また治験コーディネイターの存在も大きく、不明点や疑問点などはすぐに確認できるなどスムーズに治験を進められる体制もございます。


2.メディカルチェックが受けられる


治験に参加することで定期的なメディカルチェックを受けることができます。


高齢者は健康状態の変化が早いため、どうしても定期的なメディカルチェックが必要となりやすいです。治験に参加することで定期的なメディカルチェックを受けることができるため健康管理がしやすくなる可能性があります。


とくにお薬の投与の変化や変化に伴う健康状態を知ることができるのが一般的な治療とは大きく異なります。


3.医療費の負担を軽減できる可能性がある


高齢者は、既存の疾患を抱えていることが多く医療費が生活の負担となることも多いです。


治験に参加することで医療費をカバーし、負担を軽減することができます。例えば治験に必要な検査や治療の費用が補償されたり、新しいお薬のもとを変わりに投与することで既存のお薬を飲む回数が減る場合などがあります。


また、治験は医師の指導の下進められるので健康状態のモニタリングも受けることができます。


4.治療法の開発に貢献できる


治験に参加することで、新しい治療法の開発に貢献することができます。


シニアの方が治験に参加することで研究者は新しい治療法が有効であるかどうかを検証することができます。治療法が有効であれば、その治療法が世界中の多くの人々の健康に貢献することになります。


治験に参加することで、新しい治療法が誕生する可能性を高めることができます。また新しいお薬が開発されれば、ご自身の疾患に対しても効果的に働くかもしれません。


5.新しい治療にいち早く体験できる


疾患を患っている方にとって治療法が少しでも早く開発され、自分の症状が改善する可能性があることは非常に大きな希望となります。


治験に参加することで、まだ市販されていない新しい治療法をいち早く体験することができます。そんな最先端の医療に触れることができ、医師や看護師と一緒に治療法の開発に取り組むことができる機会はなかなかありません。


またそれが社会貢献となり今後多くの方の病気の悩みを解決できるようになるかもしれません。そんな新しい医療技術や治療法の情報を得ることができるのも治験のメリットのひとつです。


6.まとめ


治験に参加することで得られるメリットを紹介しました。高齢者が治験に参加することは若い方よりもより多くのメリットがあります。


治験に参加することで、自分自身や同世代の人々のために役立つ治療法や医薬品の開発に貢献することができたり、医療に関する新しい知見を得ることがでるだけでなく、地域や社会に貢献することができます。


治験にはデメリットやリスクもありますが医療関係者と十分な情報共有を行い、納得して参加することが大切です。高齢者の方々には、ぜひ積極的に治験に参加していただき医療の進歩に貢献していただきたいと思います。





閲覧数:29回0件のコメント
bottom of page